• アピタル

在宅勤務が増えた記者 娘が乱暴に 何のサイン?

有料会員記事

小若理恵、田中祐也
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 コロナ禍の影響で、心も体もスッキリしない日々が続きます。在宅勤務が増えて家にいる時間が長くなった分、親子の衝突が多くなっていませんか。子どもも環境の変化でストレスを感じているのかもしれません。(小若理恵、田中祐也

 「勉強しなさい」と言えば、昨春、小学1年生になった娘(7)は「でも」「だって」と口答え。母親である記者(43)に「おまえ」と言い、すぐに怒って蹴りやパンチを入れてくる。

 記者は在宅勤務中心になり、家で一緒に過ごす時間が増えた。娘は乱暴な言葉遣いや反抗的な態度ばかりが目立つように。どうして?

 「それはママの愛を確かめているサインだね」。名古屋市内で「産後の母親教室」を主宰する若子理愛子(りえこ)さん(43)が軽やかに笑う。中学1年の長男(12)と年長の次男(6)の母。保育士資格を持ち、1千組以上の親子と向き合ってきた。

 《いい子じゃない自分も、ママは愛してくれるだろうか》。小さな反抗は、そんな心の表れだという。「成長の証拠。しっかり受け止めてあげて」と、若子さんは言う。

 「ちゃんと目を見て聞いてあ…

この記事は有料会員記事です。残り1614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら