[PR]

 元幕内時津海の時津風親方(47)が、1月の大相撲初場所開催中に日本相撲協会の新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに違反して風俗店やマージャン店に出入りしていた問題で22日、日本相撲協会から退職勧告処分を受けた。すでに時津風親方が出していた退職届は受理された。

 力士暴行死事件で解雇された前師匠(元小結双津竜)に続き、時津風部屋は2代続けて師匠が不祥事で角界を去ることになった。屈指の名門部屋の看板にまたも泥が塗られた。

 横綱鶴竜らが所属する陸奥部屋など、6部屋からなる時津風一門の本家でもある時津風部屋は、不滅の69連勝を達成した双葉山が現役時代に特例で開いた「双葉山道場」が起源だ。「(支援者に頼る)ごっちゃん精神を廃し、力士のプライドを持て」との信念で、人間的な成長を目指した「相撲道」の確立を指導の根本としていた。

 双葉山は「本場所は稽古場のよ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら