[PR]

 【島根】県が条例で定める「竹島の日」の22日、松江市殿町の県民会館で県などが主催する16回目の記念式典が開かれた。今年は新型コロナウイルスの影響で、出席者はほぼ半減。会場周辺で多数の警察官が警備にあたったが、韓国人活動家の姿は見られず、大きな混乱はなかった。

 式典は計210人が出席。県によると、政務官以外の国会議員は自民4人、立憲1人の計5人が参加した。

 丸山達也知事は「竹島は我が国固有の領土だが、韓国の不法占拠が続いている。周辺海域での防衛訓練など、占拠を既成事実化しようとする動きが続き、極めて遺憾だ」とあいさつ。和田義明・内閣府政務官は「政府は、竹島問題を国際法にのっとり冷静かつ平和的に解決していく。一歩も引かず、毅然(きぜん)とした態度で日本の立場を伝えていく」と述べた。和田政務官のあいさつの際、出席者から「大臣が来いよ!」などとヤジが飛んだ。

 式典では、政府主催の「竹島の日」式典の開催や国際司法裁判所への単独提訴、竹島問題に関する啓発施設を隠岐の島町に設置することなどを求める「竹島の領土権の早期確立を求める特別決議」を採択した。また、竹島のアシカ猟に関して証言するなど、竹島問題に関する調査・研究に功績があった島根、鳥取両県の住民計11人に対し、感謝状が贈られた。

 式典に先立ち、和田政務官は県の竹島資料室(松江市殿町)を視察し、展示資料の解説を受けた。和田政務官は「島根県民の皆さんに集めてもらった、日本外交にとって大変重要な資料。政府も、提供頂いた情報を糧に竹島問題を前進させられるよう取り組む」と話した。

 例年、一般市民と国会議員、県議らで「竹島問題を語る国民交流会」が式典前に開かれてきたが、今年は新型コロナ感染拡大を受け、中止された。(浪間新太)

     ◇

 県警は、日韓関係や新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえ、岡山・山口の各県警からの応援も含む約700人態勢(昨年比約100人減)で警備にあたった。

 日本の右翼団体9団体約25人が会場周辺を訪れるなどしたが、韓国人活動家の姿はなく大きなトラブルはなかった。右翼団体の街宣車が「竹島は日本の領土」「韓国は竹島を返せ」などと訴えながら会場付近に近づくと、警察官がバリケードなどで慌ただしく交通規制を行った。(清水優志)

関連ニュース