[PR]

 【東京】新宿・歌舞伎町で夜間営業する「ニュクス薬局」を舞台に、薬剤師・中沢宏昭さん(42)と利用客たちの人間模様をつづった本「深夜薬局」(小学館集英社プロダクション、税抜き1400円)が出版された。歴史、文学関連を中心に執筆する福田智弘さんが中沢さんを取材してまとめた。

 薬局の営業時間は午後8時~午前9時まで。中沢さん1人で切り盛りし、医師の出した処方箋(しょほうせん)に基づき、薬を調剤し販売する。利用客の多くがキャバクラ店や性風俗店、ホストクラブなどで働く人たち。約8割が睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬を受け取りに来る。家族にも、友人にも相談できない悩みを、中沢さんに打ち明けていく。

 描かれているのは、コロナ禍で…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら