[PR]

 【山梨】山中湖畔では毎年10月中旬~2月下旬、日没の太陽が富士山頂付近に沈んだように見える「ダイヤモンド富士」が撮影できる。今季は23日で見納めだ。22日、山梨県山中湖村平野の旭日丘湖畔では十数人のカメラマンが神秘的な光景を楽しんだ。

 肉眼では見えないが、カメラの絞りを最大限絞ると画像に放射状の光の輝き(光芒〈こうぼう〉)が写る。地元の浦島達さん(67)は仕事の合間に撮影し、SNSで画像を友人に届けている。「素晴らしいと喜んでもらっています」

 24日以降、ダイヤモンド富士の撮影地は湖畔を離れ、三国峠など山間部へ移る。(河合博司)

関連ニュース