[PR]

 ベトナムのハノイで2019年に行われた米朝首脳会談で、米国のトランプ前大統領が金正恩(キムジョンウン)総書記との別れ際に、自身の大統領専用機「エアフォースワン」で正恩氏を北朝鮮まで送り届けることを提案していたと、英BBCが報じた。正恩氏は断ったが、トランプ氏の異例の提案に「ベテラン外交官たちがあぜんとした」という。

 2人のやり取りを明らかにしたのは、BBCのドキュメンタリー番組「Trump Takes on the World(トランプ氏、世界に挑む)」。トランプ政権でアジア政策を率いたポッティンジャー国家安全保障会議アジア上級部長=当時=の証言として伝えた。

 その内容によると、トランプ氏は正恩氏に対し、大統領機で北朝鮮まで送り届けることを提案し、「お望みなら、2時間で帰宅させられる」と語ったという。正恩氏はこの会談のために、鉄道で2日半以上かけて中国経由でベトナム入りしていた。

 トランプ氏と正恩氏は18年6…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら