気高く舞うカムイ 恋の季節に鳴き交わすタンチョウ

有料会員記事

文・高田誠、写真・日吉健吾
写真・図版
給餌場に飛来したタンチョウ=2021年2月3日午前9時3分、北海道鶴居村、日吉健吾撮影
[PR]

 厳寒の川が目覚め、朝日を浴びた樹氷がピンク色に染まる。川面に立ちこめた霧がゆっくりと流れ、「湿原の神」が姿を現した。

 厳寒の朝。雪裡(せつり)川の浅瀬に片脚で立ち、首を翼にうずめて眠っていたタンチョウが長い首を伸ばした。北海道鶴居村の最低気温は零下20度を下回る。音羽橋で大きなカメラを構えて見守る人たちも寒さに耐える。

写真・図版
川霧の中、タンチョウのシルエットが浮かび上がった=2021年2月4日午前8時35分、北海道鶴居村、日吉健吾撮影

 「凍鶴(いてづる)に忽然(こつぜん)と日の流れけり」(石橋秀野)

 タンチョウは純白の翼を持ち上げると餌を求めて飛び立った。青空で編隊を組み、両脚をそろえる。給餌(きゅうじ)場や雪原の「求愛ダンス」は雄と雌が向き合い、跳びはね、クチバシを天に「クワー」「クワックワッ」と鳴き交わす。

写真・図版
給餌場に飛来したタンチョウ=2021年2月3日午前9時8分、北海道鶴居村、日吉健吾撮影

 「村の宝です。多くの人に気高い姿を見てもらいたい」と、ネイチャーガイドの板真奈美さんは言う。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 国の特別天然記念物で国内に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。