[PR]

 大阪府は23日、新たに新型コロナウイルスの感染者が100人、死者が5人確認されたと発表した。感染者は延べ4万6845人、死者は1097人になった。

 重症の入院患者は100人で、重症病床の使用率は45・2%。府の独自基準「大阪モデル」は、非常事態を示す「赤信号」を「黄信号」に戻す基準として、「重症病床の使用率が7日連続で60%を切る」場合としている。23日の発表でこの条件を満たしたが、政府の緊急事態宣言の区域に大阪府に指定されているため赤信号を維持する。

 大阪府は23日、京都府と兵庫県とともに2月末での解除を政府に要請しており、解除に合わせて黄信号にする。