[PR]

 (巨人10―5ヤクルト)

 「あの抜けた1球を本塁打まで持っていくのが、超一流と呼ばれている人のレベルなんだと思った」。巨人のドラフト1位右腕の平内(へいない)龍太を脱帽させたのが、トリプルスリー3度達成のヤクルトスワローズ・山田哲人だ。

 二回2死二塁、スライダーを左翼席の場外と隔てるネットぎりぎりまで運んだ。実戦2試合目での一発で5―5の同点としたが、「まだ目の慣れや試合勘が全然ない。たまたまかな」。

 キャンプでは、自主トレーニング中につかみかけたという打撃の形をリセット。青木宣親に助言を求めるなどして追求している。「青木さんは質問したら1から10まで答えてくれてありがたかった。何となくこんな感じというのは出てきている」。開幕まで残り1カ月で、ハイレベルの完成を目指す。=浦添