[PR]

 世界遺産の醍醐寺(京都市伏見区)で23日、「餅上げ力(ちから)奉納」があった。今年は新型コロナウイルスの影響で、例年のように持ち上げる時間を競わず、事前に申し込んだ男女19人が、紅白の巨大な鏡餅を最大5分間持ち上げて、無病息災などを祈願した。

 「五大力さん」の愛称で知られる同寺の法要「五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)」の行事の一つ。境内に設けられた特設舞台の上で、女性5人が90キロ、男性14人が150キロの餅上げに挑んだ。

 12年連続で参加したという京都市西京区の会社員、宇佐美美希さん(49)は5分間持ち上げ「毎年、五大力さんから力をいただいているので、どうしても参加したかった。今年はコロナ終息を祈りながら持ちました」と話した。(向井大輔)