ワクチンで「今年後半に経済正常化も」 米FRB議長

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日の米議会証言で「ワクチン接種によって、米経済が今年後半にはより正常な状態に戻る希望が出てきた」と述べた。足元で新型コロナウイルスの新規感染者数が減っていることもあり、米国では景気過熱とそれに伴う金融緩和策の修正が意識されつつあるが、パウエル氏は従来の緩和策を維持する方針を強調した。

 FRBによる空前のマネー供給で上げ相場が続く米株式市場では、実体経済にとっての好材料が出ると、株価を逆に下押しするねじれた構図が生まれている。FRBが金融引き締めに転じる可能性を投資家が意識するためだ。パウエル氏は政策修正の条件としている「さらなる実質的回復」までは「まだ時間がかかる」と強調。「バブル」の懸念については「ある資産がバブルかどうかについてはさまざまな見方があり、これがバブルだ、と見分けることは誰もできない」と述べ、直接の答えを避けた。

 厳しい雇用情勢とは裏腹に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]