愛知リコール問題、容疑者不詳で強制捜査 署名偽造容疑

有料会員記事

山下寛久
[PR]

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らによる愛知県大村秀章知事へのリコール署名問題で、愛知県警は24日、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで、署名簿が提出された県内の複数の自治体の選挙管理委員会に容疑者不詳で強制捜査に入った。署名簿を押収し、不正の実態解明を進める。

 署名の一部を佐賀県で多数のアルバイトが作成したなどとされる疑惑は刑事事件に発展した。関係者によると、容疑は、何者かが大村知事の解職を求める署名を偽造したというもの。名古屋市中川区役所には24日午前、県警の捜査員5人が入った。段ボール5箱に約1万8千筆が書かれた署名簿を詰め、押収した。

 県警はこれまで、リコール運動事務局の幹部から「代筆のための人を集めて」などという趣旨の発注を受けたとされる名古屋市の広告関連会社幹部から任意で事情聴取するなど、捜査を進めてきた。同社幹部は発注書を県警に提出したという。

 知事へのリコールは、国際芸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。