米国の黒人男性窒息死、警官ら不起訴 司法長官「失望」

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米ニューヨーク州ロチェスター市で昨年3月、黒人男性が警察官から頭部を覆われて窒息死した事件で、地元の大陪審は捜査対象となっていた警察官7人を、いずれも起訴しないと決めた。ジェームズ州司法長官が23日、発表した。理由は明らかになっていない。

 亡くなったダニエル・プルードさん(当時41)には精神疾患があり、裸で外に出ていたところ、通報を受けて現場に駆けつけた警官から拘束された。頭部を地面に押さえつけられ、7日後に死亡。検視では「殺人」と認定された。

 だが、警察は事件後、長期間にわたって詳しい状況を隠そうとした。遺族が昨年9月、入手した当時の映像をもとに事件を公表すると、抗議デモが広がった。

 ジェームズ氏は大陪審の決定について「我々の刑事司法制度に対する国民の信頼に背くものであり、残念なことに、歴史がまたくり返された」と批判。「大変失望した」と憤った。

 ニューヨーク州の法律によると、大陪審は一般市民16~23人で構成され、起訴するには少なくとも12人の同意が必要となる。ただ、多くの手続きが秘密裏に行われるため、詳しい評決はわからず、ジェームズ氏は大陪審制度の改革の必要性も訴えた。(ニューヨーク=藤原学思)