旧大川小の教訓、オンラインで コロナ禍であの日を学ぶ

有料会員記事

及川綾子
[PR]

 東日本大震災からまもなく10年。当時幼かった若者や子どもたちにとって、被災地の経験や教訓を学ぶために現地を訪れることが、コロナ禍で難しくなっています。そんな中、オンラインを活用した伝承活動も生まれています。

被災者が教訓を現地から発信

 今月14日午後、東京都新宿区のイベントスペース。オンライン会議システムで、宮城県石巻市の旧大川小学校の前に立つ佐藤敏郎さん(57)が映し出され、全国各地から参加者が画面越しに見つめた。

 この日開かれた「東北オンラインスタディツアー2021」は、新宿にいるフォトジャーナリスト安田菜津紀さん(33)の進行で、中学生から大学院生世代の参加者51人と岩手、宮城、福島の3県を結んだ。前半は3県の人が経験や現状、教訓を語った。

 大川小は、津波で児童と教職員計84人が犠牲・行方不明になった。佐藤さんも次女で6年生だったみずほさんを失った。震災当日は、中学校の制服が仕上がり、帰宅後に袖を通すはずだった。

 校舎を前に、「『ずいぶん寂…

この記事は有料会員記事です。残り1451文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら