接待問題の山田広報官、給与を自主返納 飲食代も返金

[PR]

 菅義偉首相の長男の勤め先の放送関連会社「東北新社」から接待を受けていた総務省出身の山田真貴子・内閣広報官は24日、1カ月分給与の10分の6を自主返納し、7万4千円とされる飲食代を東北新社側に返金することを、加藤勝信官房長官に伝えた。広報官の職は続けるという。

 加藤氏が記者会見で明らかにした。加藤氏によると、山田氏は「深く反省する」として、自主返納や飲食代の返金を申し出たという。加藤氏は「本人は今回のことを深く反省し、職責の重さを十分に踏まえた対応と受け止めた」と述べた。山田氏には「高い倫理観をもって公正に職務を遂行するよう、いっそう精励してもらいたい」と伝えたという。

 総務省は接待問題で同省職員を処分したが、すでに同省を退職した山田氏は対象外となっていた。