幹部接待、なぜ東北新社からだけ?総務相「わからない」

有料会員記事

豊岡亮、藤田知也
[PR]

 菅義偉首相の長男が勤める「東北新社」から接待されていた総務省幹部らが24日、一斉に処分された。だが、接待の目的や広がり、行政への影響など、はっきりしない点がまだ多く、疑念は尽きない。

 24日午後5時過ぎ。処分内容や調査結果を公表した武田良太総務相の記者会見では、接待は本当に東北新社からだけなのか、そうだとすればなぜなのかを問う質問が相次いだ。武田氏が「直接的な原因は正直わからないと言ったほうが適切、適当だと思う」と漏らす一幕もあり、実態はなお不透明なままだ。

 総務省によると、東北新社に接待された12人を含む放送行政担当幹部らは、東北新社以外の事業者から接待されたことは「一度もない」と主張しているという。だが、今回の調査は、東北新社が保管する帳簿や伝票から過去5年分の接待履歴や金額を特定したもので、東北新社からの接待を自ら言い出した職員も一人もいなかったという。このため、履歴や証拠がない他の事業者からの接待を調べるには限界がある。

 仮に東北新社が特別だったな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら