選抜出場の中京大中京 「甲子園138勝」で優勝誓う

有料会員記事

渋谷正章
[PR]

スポーツのミカタ

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕)に出場する中京大中京(愛知)が24日、名古屋市役所で河村たかし市長を表敬訪問し、甲子園での健闘を誓った。一橋大学時代、硬式野球部に一時期所属していたという河村市長と、歴代最多の甲子園通算133勝を誇る伝統校のメンバーが、球春到来を前に、ひととき野球談議に花を咲かせた。

 表敬訪問には、中京大中京の伊藤正男校長のほか、野球部の高橋源一郎監督、今村陽一部長、原尚輝主将、エースの畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手が参加した。

 「4番サード原です」。往年の巨人のラインアップを読み上げるように、高橋監督が原主将を紹介すると、河村市長はじっと顔を見つめ「織田信長みたいやな」。「天下布武」で知られる武将にたとえられ、原主将は真っ赤になって照れた。

 続いて高橋監督が「うちのエ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら