[PR]

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は24日、森喜朗前会長の女性蔑視発言から20日間で、会場運営などに関わる大会ボランティアの辞退者が1千人になったと発表した。大会ボランティアは8万人が参加する見込みとなっており、辞退者は約1%にあたる。