[PR]

 自身の子を妊娠した20代女性に無断で堕胎手術をしたとして、不同意堕胎致傷罪に問われた岡山済生会総合病院の元外科医、藤田俊彦被告(34)=懲戒解雇=に対し、岡山地裁は24日、懲役2年(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、藤田被告は別にいた婚約者らに女性の妊娠が発覚することを恐れ、女性に堕胎を求めたが断られた。そこで「エコーで胎児の様子を確認したい」と病院に誘い出し、昨年5月17日、麻酔薬などを投与。意識を失わせて注射針で腹部を負傷させ、さらに子宮内に高濃度のエタノールを注入して妊娠2カ月の胎児を堕胎させた。

 判決で御山真理子裁判長は「身勝手かつ自己中心的でくむべき点はない」「医師としての立場を悪用しており、強い社会的非難に値する」と指摘。一方、執行猶予を求めた弁護側の主張に対し「女性と示談が成立していることや、懲戒解雇されたことなどを考慮しても執行猶予すべき事案ではない」と退けた。

 藤田被告は罪状を認め、被告人質問では「子どもを認知してほしいと言われ、関係性を持ち続けるのが恐怖だった」と話していた。(中村建太)