聖火リレー、沿道観覧は地元の人のみ 「密」なら中止も

有料会員記事

斉藤佑介
[PR]

 出発まで1カ月に迫った東京オリンピック(五輪)聖火リレーについて、大会組織委員会は25日、ランナーや観客に対する新型コロナウイルスの感染症対策を公表した。地元の人には沿道での観覧を認める一方、できるだけインターネット配信での視聴を勧める。聖火到着を祝う式典などは事前予約制とする。

 聖火リレーは3月25日に福島県のJヴィレッジ(楢葉町、広野町)から始まり、開会式の7月23日まで121日間かけて、約1万人が全国859市区町村を巡る。

 大会の機運を盛り上げる目的があるため観覧自粛までは求めないことにしたが、感染を広げないよう考慮した。地元での観覧やマスク着用の徹底、大声を出さず手拍子による応援を求め、都道府県境を越えた観覧は控えるよう呼びかけた。

 その上で、沿道の密集を避けるため、NHKが用意するインターネット配信サービスでの視聴を勧めている。各地の到着式などの式典は事前予約制とし、当日参加は認めない方針だ。

 それでも沿道が過密状態になった場合は、リレーを中止する。著名人ランナーは、入場制限ができる競技場など密集が避けられる場所を走ってもらう。

 ランナーに対しては、2週間前から体調をチェックしてもらい、会食も控えてもらう。当日は原則マスク着用で、走るときは外すことも認める。都道府県をまたいで参加する場合、居住地域に緊急事態宣言が出ていれば、組織委の費用負担でPCR検査などを受けるよう勧める。

 組織委は、こうした対策をまとめた指針を24日までに全都道府県に通知した。今後、実施地域に緊急事態宣言が出された場合は、公道での聖火リレーを中止し、無観客で点火式典だけ行う可能性があるという。感染状況によっては、「沿道での観覧自粛要請やルートの変更などもありうる」としている。

 序盤で始まる福島や栃木、群馬、長野の4県について、組織委は公道でのリレー実施を明言。ただし、3月28日に始まる栃木県は現在、県内全域で不要不急の外出自粛要請が出されているため、リレーの公道走行は可能と見込んでいるものの、当面は判断を保留し、県と協議を続けるという。斉藤佑介

聖火リレー新型コロナ感染対策は?

◆沿道…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら