[PR]

 梅の名所・北野天満宮(京都市上京区)で25日、祭神・菅原道真の遺徳をしのぶ梅花祭(ばいかさい)があった。境内の50種、約1500本の梅は見頃を迎えている。

 梅花祭は道真の命日に毎年開かれ、900年以上の歴史があるとされる。新型コロナウイルスの影響で、例年約3千人が訪れる野だての茶席は中止した。毎月25日に開かれる縁日の天神市も取りやめとなった。

 今回は茶席を出す代わりに、天満宮近くの花街・上七軒(かみしちけん)の芸舞妓(げいまいこ)がたてた茶を御本殿に供える献茶の儀が営まれた。

 梅苑(ばいえん)は3月下旬までの公開を予定している。ライトアップは26日~3月14日の金土日にある。(大村治郎)