「サッカーだけじゃ…」福岡大控えGKが示した価値とは

有料会員記事

西部報道センター 藤木健
[PR]

 電話口の声は弾んでいた。「4年間、本気で活動した証しを頂けました」。今春、福岡大を卒業するサッカー部の三家本航(みかもとこう)さん(22)が言った。

 一般入試で入ったGK。4軍制を敷く強豪で練習に明け暮れたが、トップチーム昇格は一時期だけだった。

拡大する写真・図版三家本航さん

 一方、部内には2018年から「成長戦略部」が設けられ、部員はプレーだけでなく、広報や分析などの裏方仕事や、社会貢献活動を担う。昨年12月にあった九州大学1部リーグ最終戦の鹿屋体大戦。その舞台づくりへ、三家本さんは中心となって奔走した。

 コロナ下、有観客の開催。感…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら