[PR]

 朝日新聞のサッカー担当が分析する、J1関西勢の攻撃。初回は関西の雄・ガンバ大阪への「提言」です。記事後半では、レジェンドの意見も紹介します。

 昨季2位だったガ大阪の姿を端的に表現するなら「堅守」だ。

 自陣ゴール前に守備網を張り、泥臭くシュートをブロック。球を奪ったら前線のパトリックに一度預けて、攻撃を組み立てた。

 データスタジアム社の分析によると、昨季20勝のうちの8割、16勝が1点差での勝利だった。勝負強かったと言える半面、優勝した川崎フロンターレのように相手を圧倒する試合は少なかった。

 この状況を歯がみしていたであろう選手がいる。FW宇佐美貴史だ。

拡大する写真・図版ガンバ大阪のFW宇佐美貴史

 昨季シュートに至った攻撃のう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら