ワクチン、公平分配の仕組みで供給開始 まずガーナに

新型コロナウイルス

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン途上国にも公平に分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)ファシリティー」を通じたワクチンの供給が始まった。世界保健機関(WHO)は24日、アフリカのガーナに60万回分を届けたと発表した。今後、医療従事者らに接種される見通しだ。

 ワクチンは英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大が開発したもので、インド西部プネーの工場で製造された。24日朝、ガーナの首都アクラに航空便で到着した。

 コバックスは途上国を含めた全世界の高リスクの人々にワクチンを確実に届けるため、年末までに少なくとも20億回分のワクチンを確保するとしている。今月初めに発表された暫定計画によると、今年前半には計約3億4千万回分が、途上国を中心とした145カ国に供給される見通し。

 WHOのテドロス事務局長は24日の声明で「パンデミック(世界的大流行)は全ての場所で終わらない限り終わらない。今日は、ワクチンの公平性という共通の目標を実現するための重要な第一歩だが、ほんの始まりに過ぎない。すべての国で今年最初の100日以内に医療従事者や高齢者へのワクチン接種を確実に行うために、各国の政府や製造業者と取り組むべきことはまだたくさんある」と述べた。(ロンドン=下司佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]