エクアドルの4刑務所で暴動、79人死亡 抗争が引き金

サンパウロ=岡田玄
[PR]

 南米エクアドル政府は24日、国内の4刑務所で暴動が発生し、これまでに計79人の死亡を確認したと発表した。暴動は23日から始まり、出動した警察と軍がすでに鎮圧。被害状況について情報収集を続けているという。

 政府発表や現地報道によると、対立する麻薬組織のメンバー間の抗争が引き金となり、複数の刑務所で同時多発的に暴動が始まった。昨年12月、ある組織のリーダーが殺害された後から、刑務所内で組織間の対立が激しくなっていたという。

 暴動が報じられると、刑務所の前には、受刑者の安否を心配する家族が集まった。(サンパウロ=岡田玄)