今の株価はコロナバブル? 人工知能で値動き分析すると

有料会員記事

編集委員・堀篭俊材
[PR]

 人工知能(AI)を使って最近の株式相場を分析したところ、昨秋から株価が過熱感を帯び、異常な値動きを続けていることがわかった。過去3年の株価データからAIが平常のパターンを割り出し、日々の株価との乖離(かいり)を調べた。AIに分析させた茨城大の鈴木智也教授は「今の相場はバブル状態にある。AIはそう警告している」と指摘している。

 日経平均株価を構成する225社の株価のデータをAIに入力し、それぞれの株価が3年間どういう値動きをしたのかを分析。一銘柄ずつ、他との銘柄について同じ方向に動いたり、バラバラに上下したりする平常時の相関関係をAIが数百万通りも割り出した。

 平常時と違う動きをした場合は赤=株高、青=株安とグラフに色わけした。色が濃くなるほど、平常時とかけ離れて異常な状態にあることを示す。人間の心理が介在し、先行きへの期待感や不透明感から「過剰な買い」「投げ売り」に走らせていることがわかる。

拡大する写真・図版人工知能(AI)を使った株価分析のグラフ。株価が上がれば赤色が強くなり、逆に下がれば青色が増す。いずれも正常から離れていけばいくほど色が濃くなる。タテの線は業種別の区分を示し、ヨコの線は日時を示す=茨城大の鈴木智也教授作成

 新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から、日経平均株価が3年4カ月ぶりに1万7千円を割りこんだ昨年3月は、くっきりした青色がめだつ。コロナショックによる先行きへの不透明感から、どの銘柄も一時投げ売り状態だったことを示す。

 一方、ワクチン開発への期待…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら