自民・竹下氏、再び「まさに男勝り」 橋本聖子氏めぐり

大久保貴裕
[PR]

 自民党竹下派会長の竹下亘元総務会長は25日、東京五輪パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長を「男みたいな性格」などと表した自身の発言について改めて説明した。

 竹下氏はこの日の派閥会合後の会見で、18日の発言の意図について問われ「あの人はまさに『男勝り』の方ですから」と主張。「セクハラは受けた方がどう受け止めるかの問題で、そこへの注意は必要だ」とし、「彼女自身の意識の中でセクハラしている意識はない。それは相当強く思う」と述べた。

 橋本氏をめぐっては、2014年に男性アスリートに対して無理にキスをしたと週刊誌で報じられたことがある。竹下氏は18日の記者会見で、橋本氏について「スケート界では男みたいな性格でハグなんて当たり前の世界だ」などと発言。野党や政府内からも発言への批判や疑問が出ていた。これについて竹下氏は25日、「私の認識は、波紋は広がっていない。もうとっくに収まっている」とも語った。(大久保貴裕)

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]