[PR]

 第79期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終9回戦5局が26日、静岡市葵区の料亭「浮月楼(ふげつろう)」で一斉に指される。名人挑戦権をかけたトップ棋士たちの戦いは「将棋界の一番長い日」と呼ばれ、注目される。

 8回戦までの成績で名人挑戦者は7勝1敗の斎藤慎太郎八段と6勝2敗の広瀬章人八段に絞られている。斎藤八段は自身が勝つか、広瀬八段が敗れれば、A級1期目にして初めて挑戦者になる。斎藤八段が敗れ、広瀬八段が勝つと後日、プレーオフが行われる。

 B級1組への降級者は、既に稲葉陽(あきら)八段と三浦弘行九段に決まっているが、今期の成績は来期の戦いに影響するため、最後まで死力を尽くした戦いが予想される。

 対局は26日午前9時に開始。持ち時間は各6時間ですべて決着がつくのは深夜になる見込み。渡辺明名人らが登場する現地大盤解説会と棋譜は、朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/shougi/)で中継される。対戦カードは以下の通り。

 斎藤慎太郎八段(7勝1敗)―佐藤天彦九段(4勝4敗)▽広瀬章人八段(6勝2敗)―豊島将之竜王(5勝3敗)▽佐藤康光九段(4勝4敗)―菅井竜也八段(4勝4敗)▽糸谷哲郎八段(4勝4敗)―稲葉陽八段(2勝6敗)▽羽生善治九段(3勝5敗)―三浦弘行九段(1勝7敗)。(村上耕司)