本紙キャップがJ1優勝を大胆予想 鹿島本命、理由は?

有料会員記事

吉田純哉
[PR]

 明治安田生命J1は26日に開幕する。多彩な攻撃を誇る川崎が2017、18年以来の連覇を狙う。コロナ禍に見舞われた昨季は「降格なし」という特別ルールが適用されたため、例年より二つ多い20クラブで争う今季。その分、4クラブが降格する過酷なシーズンとなり、攻防は激しさを増しそうだ。

 川崎は昨季、2位のガ大阪に勝ち点差18をつける圧勝だった。史上最速優勝に加え、計88ゴールと年間最多得点も更新。だが、今シーズンは独走するクラブは生まれないだろう。

 昨季は「降格なし」で残留争いがなくなり、下位も勝利より理想の戦術を追い求める傾向が見られた。相手の長所を徹底的に潰したり、自陣にこもったりすることも少なかった。今季は全体の5分の1が降格することになり、どのチームも勝ち点1を必死に取りに来るだろう。大味な展開は減り、勝負強いチームが優勝争いに絡むとみる。

本命は鹿島アントラーズ。注目は横浜F・マリノス、FC東京清水エスパルスサンフレッチェ広島

 主役には鹿島を推す。選手が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら