最も危険な男はイニエスタ でも、神戸らしいパサーは…

有料会員記事

小俣勇貴
[PR]

 朝日新聞のサッカー担当が分析する、J1関西勢の攻撃。昨季は14位に沈んだヴィッセル神戸への「提言」です。記事後半では、今季ならではの課題と、その解決策を探ります。

 ヴィッセル神戸の攻撃は、MFアンドレス・イニエスタを抜きに語れない。

 世界的なスーパースターが、港町のチームの要だと、データスタジアム社の分析でもみてとれる。攻撃への貢献度を表す「シュート関与率」。シュートに至った攻撃でボールに触った割合だ。セットプレーのキッカーを多く務めたのも要因の一つだが、イニエスタは、ガンバ大阪のFW宇佐美貴史に次ぐリーグ2位の72%を記録した。

記事の後半では、イニエスタのすごさを物語る数字を詳しく紹介します。下記QRコードはツイッターアカウント「朝日新聞サッカー担当(@asahi_soccer1)」につながります。記事の紹介のほか、選手や監督が語ったこと、記者が取材で感じたことなど幅広く伝えています。

拡大する写真・図版朝日新聞サッカー担当のツイッターQRコード

 そうしてもう一つ。なにより…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら