「緩み」深刻な政権中枢 高額接待、放送行政ゆがめたか

有料会員記事

[PR]

 7万4千円の会食は「心の緩み」――。総務審議官時代に菅義偉首相の長男が勤める「東北新社」から接待を受けた山田真貴子・内閣広報官が25日、国会に出席した。山田氏は高額接待は謝罪したが、首相長男らとの関係や会話については「記憶にない」とかわした。安倍政権時から続く政権中枢の「緩み」は深刻さを増している。

 「それは本当に心の緩みでございまして……」

 山田内閣広報官は衆院予算委員会で、東北新社側の4人と2019年11月に会食した際、7万4千円超の自分の会食代を払わなかった理由を問われ、こう語った。

 山田氏は普段、会食前に利害…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら