[PR]

 ストーカー規制法の改正案が26日、閣議決定された。GPS機器などを使って相手の位置情報を取得することなどを新たに規制する。今夏ごろの全面施行を目指す。

 警察庁によると、法案では、相手の承諾なく、GPS機器などを使って位置情報を取得することを規制対象とした。スマートフォンのアプリによる位置情報取得も対象。車にGPS機器などを取り付けたり、カバンに忍ばせたりする行為も規制する。

 「見張り」や「押しかけ」などのストーカー行為が規制される場所は、相手の住居など「通常所在する場所」付近を対象としていたが、訪問先など「現に所在する場所」も加える。拒まれたにもかかわらず、連続して文書を送付する行為も規制する。

 GPS機器で居場所をつかむ行…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら