[PR]

立憲民主党・辻元清美副代表(発言録)

 (一部地域の緊急事態宣言解除に伴う総理会見が取りやめになったことについて)急に昨日の山田広報官出席での質疑が終わったあたりから、なくなったということを聞きましてね、怪しいなと。まさか、山田広報官隠しのために国民に説明をしないというような事態を招いているとすれば、山田広報官が障害になっていることになる。

 本来であれば、内閣広報官というのは国民への窓口で、国民にいろんな説明責任や、政府の方針を伝える役割なのに、山田さんがいるために開けないとなるなら、広報官の立場にふさわしくないのではないか。

 これは国家にとっての損失というか、国家にとって大きなマイナスに広報官がなっているということがあらわになったんじゃないか。だからよく菅さんには考えて頂きたい。今日記者会見をしないのはこの国にとって致命傷になる。みんなの命がかかっているんだから。(26日、国会内で記者団に)

拡大する写真・図版衆院予算委の理事会を終えて会見する立憲民主党の辻元清美副代表=2021年2月18日午前9時58分、国会内、恵原弘太郎撮影