松山千春さんのものまね、まっちゃまさんの工夫を聞いた

有料会員記事

佐藤陽、撮影・山本裕之
[PR]

 「松山千春さんの伝道師」を名乗る、ものまねタレントのまっちゃまさん(45)。ものまねのスキルはもちろん、歌のうまさも「本物」並み。そんなまっちゃまさんに、千春さんとの出会い、憧れ、ものまねの苦労などについて語ってもらいました。

 千春さんとの「出会い」は中学のとき、テレビ番組で見たときでした。コロッケさんの松山千春さんのものまねに興味をもち、「本物」を聴いたら素晴らしい歌に感動しました。数十枚のアルバムを借りて、カセットに落として、毎日聴いていました。高校生になると、ライブにも行きました。

 カラオケでも、千春さんしか歌わない。すると友達が「似てんじゃない?」。ものまねタレントを意識した瞬間でした。

 20歳のとき、コロッケさんの付き人になりました。これも運命なんです。アルバイト求人誌をめくっていたら、たまたま「コロッケ 付き人募集」の記事を見つけたのです。すぐに応募しました。10人ほどの候補者から選ばれました。

 それから約2年間、コロッケ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら