セレッソは○○○○勝負!香川、乾、清武、次の逸材は?

有料記事

高岡佐也子
[PR]

 朝日新聞のサッカー担当が分析する、J1関西勢の攻撃。最後は監督が交代したセレッソ大阪への「提言」です。

 ミゲル・アンヘル・ロティーナ前監督に率いられた昨季のチームの持ち味は、「堅守」。ゆえに攻撃面でめぼしい結果を残せなかったのも、ある意味では仕方ない。

 それでも、データスタジアム社によると、昨季の総得点46のうち約16%にあたる7点がパスを10本以上つないだゴール。総パス数のわりに、18チーム中3番目に多かった。ただ、決してパスで相手を翻弄(ほんろう)する力があったわけではない。ボールをつないで辛抱強く様子を見る。慌てず、何度も組み立て直す場面が多かった。堅いチームカラーが、そのまま攻撃にも反映されていたともいえる。

 そんなスタイルは、8年ぶりの復帰となるレビー・クルピ監督の下で、一変しそうだ。

 その中心を担うのが、MF清…

この記事は有料記事です。残り1694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。