スーツ売れない百貨店が改革 熱い中国ブランドや靴磨き

有料会員記事

佐藤亜季
[PR]

 新型コロナウイルス禍で働き方が変わり、スーツが売れなくなった百貨店が、紳士服売り場に新手のテナントを入れ始めた。男性向け化粧品のコーナーを新設したり、伸び盛りの中国の紳士服ブランドを誘致したり。これまでとは違った発想で、売り場のにぎわいを取り戻そうと狙う。

 「いかに化粧をしていないように見せるか、がコツです」

 そごう横浜店(横浜市)の紳士服売り場に26日、男性向けの化粧品やスキンケア用品を取り扱う「メンズビューティー」のコーナーが新設された。「シミを隠したい」など、それぞれの悩みや要望に応じて、販売員がアドバイスする。

 ファンデーションや化粧水…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら