拡大する写真・図版辛亨錫さん(左)と渡部隆康さん=辛さん提供

[PR]

 国内外の大学教授や予備校講師らに、広く親しまれてきたチョークがある。滑らかな書き味の「羽衣」。愛知県の老舗メーカーが2015年に廃業した後も、韓国北部の小さな工場で製造が引き継がれている。秘伝の製法が海を越えた背景には、昨年亡くなった老舗の社長と、塾講師として来日した韓国の青年が長年、育んできた友情があった。

 一昨年、ユーチューブである動画が公開された。

 米スタンフォード大やコロンビア大の著名な数学教授が、黒板に数式を連ねる。ある研究者は「数学者にとって最高のツール」と手にしたチョークを称賛。ほかの研究者らも「日本で廃業と知って買い込んだ」「チョークの『ロールスロイス』」などと賛辞を述べる。動画は約2千万回再生された。

拡大する写真・図版Hagoromoのロゴが入ったチョーク=辛さん提供

「バターのような」書き味

 このチョークは、韓国・京畿道…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら