3年ぶりの「日本一早い」山開き、「密」回避で実施

有料会員記事

佐藤修史

拡大する写真・図版自然と神話に包まれた諸塚山=2021年2月、宮崎県諸塚村

[PR]

 「日本一早い山開き」とうたう宮崎県諸塚村の諸塚山(1342メートル)の山開き(諸塚村など主催、朝日新聞社、日本山岳会宮崎支部など共催)が3月6~28日、「登山キャンペーン」として実施される。新型コロナウイルス感染防止のため、集団登山や交流会はせず、期間中に①記念品の配布②登山者の写真・動画コンテスト③リモート登山ツアー――を催す。

 山開きは、村が朝日森林文化賞を受賞した翌年の1986年に始まり、今年は第36回となる。一昨年は悪天候で、昨年はコロナの影響で中止されたため、3年ぶりの実施となる。

 これまでは開山式当日限りのイベントで、2018年には県内外から約700人が集まった。今回は「密」を避けるため、23日間のキャンペーン形式にした。安全祈願の開山神事は関係者のみで営む。

 ①記念品に木製ペナント…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。