手荒れ気になる娘に 「自然のおまもり」人気

新型コロナウイルス

小林太一
[PR]

 【大阪】アロマオイルを配合した除菌スプレーが女性を中心に人気を集めている。コロナ禍で手指の清潔さが求められるなか、肌が荒れやすい我が子を思った神戸市の両親が精魂込めて作り上げた。

 アロマスプレー「自然のおまもり」は100ミリリットル入りで2750円(税込み)。OEM(相手先ブランドによる生産)で甲府市の企業が製造している「化粧品」で、神戸市中央区でオーダーメイドのフラワーサロン(予約制)を営む「GROUND」が販売している。昨年11月中旬の発売以来、全国からの注文は1千本近くに達している。

 開発を思い立ったのはGROUNDを経営する大谷裕佳さん(43)だ。新型コロナウイルスの感染が広がり、一般的なアルコール消毒液を使うたび、手がかさかさして乾燥が気になった。

 長女の美結(みゆ)ちゃん(3)は汗っかきで湿疹やあせもができやすい体質だ。手指の消毒を重ねると、肌が赤くなったことも。裕佳さんは、一緒に会社を営む夫の耕一郎さん(45)に相談した。

 美結ちゃんが昨夏、自然由来のアロマ入りせっけんで体を洗うようになって以来、かゆみで肌をかかなくなったのをヒントに、夫妻は商品開発に乗り出した。

 アルコールの量を最小限に抑える代わりに、抗菌作用があるアロマを探した。トウモロコシ由来の天然成分にたどり着いた。

 大阪を拠点にアロマスクールを開いている吉田洋旺子(ようこ)さん(56)に協力してもらった。話し合いを重ね、体になじむ香りをめざした。幼い子がいるスタッフにも試用してもらい、さわやかでリラックスできる品に仕上げた。

 購入している人の多くは30~50代の子育て中の女性だ。「アルコール特有の香りや刺激が苦手だった」と喜ぶ声が寄せられているという。

 裕佳さんは「親が子を守りたいと考えるのは当たり前の気持ち。大勢のお母さんに届けたい」。耕一郎さんは「大事なことを教えてくれたのは娘の笑顔。目の前の大切な人のために作りたかった」と話す。

 GROUNDのサイト(https://www.ground.ne.jp/別ウインドウで開きます)で購入できる。問い合わせは同社(078・414・7836)。(小林太一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]