[PR]

 ロシア外務省は25日、在北朝鮮ロシア大使館に勤務するロシア人外交官とその家族が、手押しトロッコを使ってロシアに帰国したと明らかにした。北朝鮮は新型コロナウイルス対策のためロシアとの国境を封鎖しており、同省は「他に手段がなかった」としている。

 同省によると、ロシアに帰国したのは平壌のロシア大使館のウラジスラフ・ソロキン3等書記官と、3歳の娘を含む家族ら7人。平壌から列車に32時間、バスに2時間乗って国境近くに到達。その後、荷物を載せたトロッコでロ朝国境の豆満江に架かる鉄道橋を渡った。トロッコには動力がなく、同書記官が「メインエンジン」としてトロッコを1キロ以上押したという。一家はロシア側で同省職員らに出迎えられ、ウラジオストク経由でモスクワに戻った。

 ロシアメディアによると、帰国は子供の健康問題が理由で、2週間以上の自主隔離が求められる中国経由での帰国は断念。唯一の手段が、徒歩による国境越えだったという。トロッコはロ朝合弁企業のもので、北朝鮮の作業員がペンキを塗り直し、子供用の座席を取り付けたという。

 同大使館の報道官は国営ノーボスチ通信の取材に、「かなり珍しい旅だったが、北朝鮮で働くロシアの外交官は困難に慣れている。みな忍耐強く、いつも楽天的な気持ちを忘れない」と語った。(モスクワ=石橋亮介)