11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に

[PR]

 7月に日本で開催される国際化学オリンピックを盛り上げようと、プレイベント「化学との出会い 未来を拓(ひら)く君たちへ」が3月13日午後1時からオンラインで開かれる。国際化学五輪の国内開催は、2010年以来11年ぶり。

 化学五輪は、世界の高校生らが化学の知識と実力を競う国際大会。プレイベントは中学生から一般までだれでも無料で参加できる。化学五輪の日本委員会理事長を務める玉尾皓平さんが「『一家に1枚周期表』から楽しく学ぶわが国の化学技術の底力」と題して講演するほか、現在は日米の大学院で学ぶ化学五輪経験者が体験を語る。定員500人。申し込みフォーム(https://www.icho2021.org/jp/news/20210313/別ウインドウで開きます)からの事前登録が必要。

 今回の化学五輪は、新型コロナウイルスの感染状況に応じ、オンライン開催またはリアル開催との併用になる可能性もある。