セレッソ大阪の大久保 J1の最多得点記録を更新

[PR]

 サッカーのJ1は27日、開幕節の試合が各地であり、セレッソ大阪のFW大久保嘉人(38)が、本拠・ヤンマースタジアム長居(大阪市)であった柏レイソル戦に先発。ジュビロ磐田に所属した2019年以来となるゴールを決め、自身が持つJ1最多得点記録を186に伸ばした。前半42分、右クロスに合わせて先制点をもたらした。

 2001年にセ大阪でJ1デビューし、4月14日の磐田戦で初得点。07年からヴィッセル神戸でプレーし、川崎フロンターレへ移った13年に26ゴールを記録し得点王を獲得。15年まで史上初の3年連続得点王に輝くと、16年に歴代単独最多となる159点を記録した。J1での得点は、磐田に所属した19年11月の名古屋グランパス戦が最後。東京ヴェルディ1969に所属した昨季は、J2で無得点だった。

 今季、15年ぶりに古巣のセ大阪に復帰し、「あと15点で200得点。得点するところを見せたい」と記録の更新に意欲をみせていた。

J1通算得点の上位5傑

            得点数 試合数

①大久保嘉人(セ大阪) 186 449

佐藤寿人(千葉)   161 404

興梠慎三(浦和)   157 439

 中山雅史(沼津)   157 355

前田遼一(岐阜)   154 429

※27日現在、所属は最終所属