ヤフーとLINEの経営を統合、GAFAに対抗できるか

有料会員記事

益田暢子
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが1日、経営統合した。国内の利用者は1億人規模になるとみられ、直近の売上高は単純合算で楽天(約1・4兆円)に迫る。ポータルサイト「ヤフー」や通信アプリ「LINE」を軸に複合サービスを提供する「国産」プラットフォーマー(PF)が、「GAFA」など世界大手に対抗していけるかが焦点になる。

 ソフトバンク(SB)と韓国IT大手ネイバーが折半出資する中間持ち株会社がZHD株の65・3%を握り、ヤフーとLINEはZHDの完全子会社になる。ZHDは上場を続ける。

 中間持ち株会社の社長にはSBの宮内謙社長、会長にはネイバー創業者の李海珍(イ・ヘジン)氏が就く。取締役5人のうち3人がSB側から出ており、経営の主導権はSBが握ることになる。

 ヤフーの国内の年間利用者は約8千万人。LINEの月間利用者は約8600万人。LINEの利用者をヤフーのネット通販に誘導するといった相互送客で、それぞれの事業での相乗効果を狙う。

 ZHDは、LINEがもつ海…

この記事は有料会員記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。