駅階段、ベビーカーから子ども転落 駅員マニュアル違反

山田健悟
[PR]

 JR西日本は27日、JR湖西線の志賀駅(大津市)の構内で25日、マニュアルに反し、駅員がベビーカーから子どもを転落させる事故があったと発表した。子どもは頭の骨を折るけがをしたが、27日までに退院したという。

 同社によると、25日午前9時半ごろ、ホームから階段で下りようとする母親から頼まれ、駅員がベビーカーを運ぶ手伝いをした。その際、子どもを乗せたままベビーカーを持って階段を移動中、子どもが転落した。社内マニュアルでは、ベビーカーを運ぶ時には子どもを保護者に預けるなど、ベビーカーからおろすことになっている。駅員は失念していたという。

 母親は当時、子どもを2人連れ、転落した子どもはベルトをしておらず、駅員も確認しなかったという。

 同社は補償なども含め対応を検討するとしている。(山田健悟)