イスラエル船、オマーン湾で爆発 国防相「イラン関与」

有料会員記事

エルサレム=高野遼
[PR]

 中東ホルムズ海峡周辺のオマーン湾で25日夜から26日朝にかけて、イスラエルの会社が保有する貨物船で爆発が起きた。けが人は出ていない。イスラエルのガンツ国防相は27日、爆発の背後にはイランの存在があるとの見方を示し、調査に乗り出した。イラン側から爆発に関するコメントは出ていない。ロイター通信などが伝えた。

 報道によると、爆発によって船体の両側に穴が開いたが、28人の船員にけがはなかった。貨物船はサウジアラビアからシンガポールに向け、ホルムズ海峡の近くを航行中だったという。

 ガンツ氏は27日、地元テレビで「船の位置がイランに近接していたことから、イランが関与したと考えられる。これは初期段階の評価だ」との見解を示した。地元紙によると、貨物船はミサイルによる攻撃を受けたとの見方が出ているという。イスラエルの国防関係者は同日、調査のためにアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに向かった。

 イスラエルとイランの間では…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら