妻を突き落とした疑い、夫を逮捕 飛び降り自殺を偽装か

[PR]

 東京都国立市の集合住宅で高層階の自宅のベランダから妻を落とし、殺害したとして、警視庁は28日、夫で会社員の高張(たかはり)潤容疑者(44)を殺人容疑で逮捕した。容疑を否認しているという。捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、妻が飛び降り自殺を図ったように装い、容疑者が自ら110番通報したとみている。

 高張容疑者の逮捕容疑は、2020年11月29日夜、同市泉2丁目の都営住宅(12階建て)で、9階の自宅のベランダから妻で主婦の麻夏さん(当時41)を落として殺害したというもの。30日午前6時半ごろ、ベランダ下の茂みに麻夏さんが倒れていると110番通報し、警察官らに「29日夜から妻がいなくなっていた。ベランダから下を見て倒れているのに気づいた」などと説明したという。

 捜査関係者によると、ベランダには椅子があったが、詳しく調べたところ、麻夏さんが手すりに触れるなどした形跡はなかったという。また、関係者への聞き込みでは、麻夏さんは一人娘(1)の育児を楽しむなどしており、自殺をするような事情も確認できなかったという。

 司法解剖では、麻夏さんが窒息状態になっていたことが判明。警視庁は、高張容疑者が首を絞めるなどした後、体を抱え上げて落としたとみて調べている。