第4回血塗られた母・ナウシカの闇と格闘した赤坂憲雄の25年

有料会員記事

拡大する写真・図版コロナ下で読み解く 風の谷のナウシカ

[PR]

 宮崎駿監督が12年以上の歳月をかけて世に問うた漫画『風の谷のナウシカ』。私たちは今、「腐海(ふかい)」を生きるナウシカたちのように、マスクを手放せない日々を過ごしています。『ナウシカ』は、苦境にある私たちにどんな希望を指し示してくれるのか。宮崎監督も愛読している『ナウシカ考 風の谷の黙示録』を著した、民俗学者の赤坂憲雄さんに読み解いてもらいました。

【連載】コロナ下で読み解く 風の谷のナウシカ(全8回)

 宮崎駿監督の傑作漫画「風の谷のナウシカ」は、マスクをしないと生きられない世界が舞台です。コロナ禍のいま、ナウシカから生きる知恵を引き出せないかと、6人の論者にインタビューしました。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、民俗学者の赤坂憲雄さん、生物学者の福岡伸一さん、社会学者の大澤真幸さん、映像研究家の叶精二さん、漫画家の竹宮惠子さんの6人が、それぞれの「ナウシカ論」を語り尽くします。

(この記事は漫画『風の谷のナウシカ』の内容に触れています)。

漫画を読むと、映画版は「人間と自然の共生」などとは思えない

 ――赤坂さんは、25年もの歳月をかけて漫画『ナウシカ』を読み込まれたそうですね。漫画と映画、二つの「ナウシカ」のテーマは共通しているのでしょうか。

 「そこは微妙です。映画は非常に大きな反響があり、宮崎監督にとっても大切な作品だと思います。ただ、2時間の映画にまとめるために、漫画版の設定や物語を大幅に簡略化せざるをえなかった。『少女がエコロジーの使徒となり、自らを犠牲にして世界を救済する』というシンプルなイメージで受け取られた面があります」

 「宮崎さん自身は、映画の内容について納得できないことがたくさんあった、と話されています。それらの問題をひとつひとつ、突き詰めていったプロセスそのものが、全7巻の漫画版なのだと思います」

拡大する写真・図版シュワの墓所へと向かう途中で起こった核爆発を見つめるナウシカと蟲使いたち (C)Studio Ghibli

 ――漫画版で、宮崎監督は何を目指していたのでしょうか。

 「『ナウシカ』という作品については、そういう問い自体がなりたちません。宮崎さんの問題意識が、登場人物の対話などを通じてどんどん膨らみ、物語自体が予想もしなかった方向に転がっていく。連載当時に起きたチェルノブイリ原発事故や冷戦の終結、ユーゴスラビア内戦などの出来事も、物語を動かす要素になっていたと思います」

 「宮崎さん自身、連載終了直後のインタビューで、『こういうふうにしたい、じゃなくて、こうなっちゃう』『ものを作る主体というより、ただ後ろからくっついていっただけ』と話しています。宮崎さんの巨大な無意識が充満しているのが最大の魅力です。近年のエンターテインメントで主流の、心地よい予定調和の物語だったら、すぐに古びてしまったでしょう」

 「映画だけしか見たことのな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら