新型コロナワクチン、接種後の倦怠感とは? 医師に聞く

有料会員記事

三上元
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種が国内でも始まった。いまのところ安全性に大きな懸念は生じていないが、米国の調査では接種後に7割が筋肉などの痛みを、3割が倦怠(けんたい)感を訴えている。実際にどのような症状なのか。米国で接種した2人の医師に体験を聞いた。

拡大する写真・図版アリゾナ州の病院で小児救急医として働く岩野仁香さん=岩野さん提供

 アリゾナ州の病院で小児救急医として働く岩野仁香(みか)さん(38)は、昨年12月23日と1月18日に接種した。

 接種会場は巨大な駐車場に隣接する倉庫。休みの日に予約をして行き、利き腕ではない左肩に接種してもらった。

 夕方、左腕に筋肉痛があった。全身に疲れも感じた。ただ、ほかに体調に異変はなく、ふだんの生活にも支障はなかった。翌日には気にならなくなり、2回目の接種後も同じような経過だったという。

拡大する写真・図版マサチューセッツ州の病院で脳神経外科医として働く井上靖章さん=井上さん提供

 マサチューセッツ州の病院の脳神経外科医井上靖章(やすあき)さん(32)は接種後に痛みと強い倦怠感があった。

 1回目の接種は昨年12月30日の午前7時ごろ。午後、注射した肩のあたりが、だんだん筋肉痛のように痛くなった。

 触るとほてったように熱いが、皮膚の色は変わらず腫れもない。全身のだるさも感じた。体温はいつもと変わらなかった。

 肩の痛みや倦怠感は夜にだん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら