新型コロナ 伊予市で集団接種訓練

新型コロナウイルス

足立菜摘
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種に備え、愛媛県伊予市の市保健センターで28日、集団接種の訓練があった。接種にかかる時間やアレルギー症状が出た時の対応の手順を確認し、課題を探った。

 訓練は、伊予市が県などと連携して県内で初めて実施し、県内全市町の職員が視察に訪れた。住民役、看護師役などを担った市職員や市内の医師ら約140人が参加。接種に1人25分かかると想定し、住民役の50人を時間差で案内して予診票をチェックした。三つのブースで医師が診察し、四つのブースで看護師役がワクチンを打った。接種後の経過観察中、1人がじんましん呼吸困難を訴えたとし、救急車で搬送するまでの対応も確認した。

 市の担当者は「時間通りに来た住民が受付前で行列になってしまったり、診察と接種の間が混雑したりという課題が見つかった。一人一人の時間を計測したので分析し、データを他市町などにも共有していく」と話した。(足立菜摘)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]