ラグビー・パナGM飯島均の挑戦 W杯の地に込めた計画

有料会員記事

野村周平
[PR]

 10年越しの計画が、ようやく形になりつつある。

 2月28日、埼玉・熊谷ラグビー場。ラグビー・トップリーグ、パナソニック・ワイルドナイツのゼネラルマネジャー(GM)、飯島均(56)は、ワクワクした思いで日野との一戦を見つめていた。

 昨夏、パナソニックは拠点を構える群馬県太田市から、2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場にもなった熊谷市への移転を発表した。それ以来、初の公式戦だった。

 観客は4380人が入ったものの、緊急事態宣言下で飲食の出店は出せなかった。「コロナが収まったら、もっといい雰囲気をつくっていきたい」と、次への意欲を見せる。

 ラグビー場の西側ではパナソニックのクラブハウスが入る管理棟や、レストランなどが入る宿泊棟の建設が進む。施設が完成すれば、この夏には正式な「ホーム」となる。

 飯島は歯にきぬ着せぬ言動で業界内では異端児として知られ、本人も「あまのじゃく」を自認する。そんな飯島がホーム作りに奔走するのは苦しい場面を乗り越えた経験があるからだ。

 現役時代はフランカー。19…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら